2022.06.12

世界にたった1台のGクラス!! 六本木でメルセデス-AMG PALACE Editionをチェック

トレンド

コラボ トレンド

英国のスケートボード&ストリートウェアブランド「PALACE SKATEBOARDS」とメルセデス-AMGがコラボレーションをして、世界限定1台のG63を発表しました! 期間限定で展示をおこなっているとのことで、われわれ宮園輸入車販売ブログ班も「視察」と称して六本木にGO。街中で見かければとってもラッキーな1台をご紹介します。

 

──────────────────

先日沖縄に行ってきた兼本です。

 

やちむん工房では、人間国宝の陶芸家・金城次郎のお孫さんが手がけた作品と聞き、まんまと購入してしまいました。「特別」や「限定」というワードに弱いんですよねえ。

 

メルセデスにも時おり「特別」で「限定」のモデルが登場します。

 

なかでも現在話題をふりまいているのが、2022年3月21日に発表された世界限定1台のメルセデス「メルセデス-AMG G63 PALACE Edition」です。今までも限定モデルはたくさんありましたけど、たった1台ってとんでもないレア度ですよね。

 

▲エントランスには桜がきれいに咲いていました

果たしてそれはどんな車両なのか? 六本木の「Mercedes Me Tokyo」にて期間限定展示(現在は終了)されているとのことで、「視察」がてら仕事を抜け出してチェックしてまいりました!

 

この限定車は英国のスケートボード&ストリートウェアブランド「PALACE SKATEBOARDS」(以下パレス)と、モータースポーツを起源とするメルセデス-AMGがコラボレーションしたもの。ロンドン/ロサンゼルス/ニューヨーク/東京の世界4都市からインスパイアされたデザインがあしらわれています。

展示されていたのは、4台のうち東京をテーマにした車両で、メルセデス-AMG G63をベースにした「メルセデス-AMG G63 PALACE Edition」でした。

▲現車の脇には巨大なコラボエンブレム。従来のAMGエンブレムの上側にPALACEの文字が入っています

▲職業柄、もし傷がついたらどう修理するのか気になってしまいます

この限定車のコンセプトは、ずばり、「日本のファンタジー文化」。車両の両サイドには疾走する馬が大胆にあしらわれています。近くで見るとタッチは繊細ながら躍動感があってとっても美しい……。

 

日本のファンタジー文化が白馬とは意外ですが、もしかしたら、「原宿」や「カワイイ」などからユニコーンのような幻獣を連想されたのかもしれませんね。

 

▲少し見えづらいですがシートやドア内張りも特別な迷彩柄

同時にAMGとのコラボは2度目となるアパレルコレクションも発表されています。ちなみに、PALACE SKATEBOARDS TOKYOに問い合わせたところ、2022年5月時点ですでに店頭でも公式ウェブショップでも販売が終了しているそうです。うーん、残念!!

▲もはやフリマアプリやオークションサイトを利用するしか手がなさそう

▲音楽プロデューサーのJAY-Zや歌手のリアーナが着用した事も話題になったパレスのアパレル。2018年の表参道店オープン時は1500人以上が行列を作ったそうです

なお、この限定車を購入するにはオークションに参加する必要があります。そのスタート金額は、なんと4800万円から! 果たしてどんな方が落札するのでしょうか?

 

このオークションを通じて得られた売上金額の一部は、2000年にダイムラーAGとリシュモン・グループが共同で設立したローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団に寄付され、「スポーツの力をもって社会問題に立ち向かい、スポーツの素晴らしさを世の中に広める」ことを理念とした活動に役立てられるそうです。

 

私には手が出しようもない1台ですが、落札された車両が街中を走っているのを見かけるだけでもラッキーかもしれませんね。

 

(兼本実花)

<プロフィール>

兼本実花(かねもと・みか)

弊社受付、業務を経てBDCに所属。クルマにはそれほど詳しくはないけれど、むしろそれを武器(?)にメルセデスをあまり知らない方や、購入権を握る奥様目線に立ってさまざまな情報を発信したいと思います。

関連記事その他の記事