2022.10.12

通販型ではなくディーラーで加入する理由とは?メルセデス・ベンツ自動車保険プログラムのメリット

購入サポート

お役立ち 保証 保証プラス 保険

自動車保険を検討する際に悩ましいのは、ディーラーで加入する自動車保険と、安価な通販型自動車保険のどちらを選ぶか?ではないでしょうか。もちろん宮園輸入車販売では、メルセデス・ベンツ自動車保険プログラムを推したいのが本音です。では、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。そこで、弊社保険のスペシャリストを直撃。ご自身にあった補償内容とサポート体制で保険を見直してみませんか。

──────────────────

最近、知人が新型コロナウイルスに感染し10日間会社を休んだのですが、さいわい流行しはじめの頃に保険を見直したおかげで、無事保険金が下りてホッとしたそうです。それを聞いて保険の大切さを痛感し、自分も見直した兼本です。

 

みなさまも、生命保険や損害保険はもとよりクルマを購入する際には自動車保険に加入することと思います。これから加入する方はもちろん、すでに加入されている方もご自身に適した保険内容とサポート体制を常に整えておきたいものですよね。

 

そこでみなさまが自動車保険を検討する際に、まず頭を悩ますのがディーラーで加入する保険と、安価な通販型自動車保険のどちらを選ぶか、ではないでしょうか。そりゃあ、安いにこしたことはないのですが、保険料以外にどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、メルセデス・ベンツを購入された際におすすめの保険サービスを、弊社の保険スペシャリストにいろいろ聞いてみました。話をうかがったのは、宮園輸入車販売株式会社 保険課の岡安祥男さんと、弊社専属サポートのあいおいニッセイ同和損保の山蔭貴昭さんです。

▲保険課担当歴13年の岡安さん。「宮園で保険に加入しておいてよかった!」と思っていただけるよう誠心誠意対応します、とのこと

──ズバリ、ディーラーで加入する「メルセデス・ベンツ自動車保険プログラム」のメリットは何ですか?

 

岡安 継続時のご連絡や、ライフスタイルの変化による契約内容の変更、万が一の事故の際に入庫から保険会社への事故報告までを担当セールスに窓口が一本化でき、ワンストップでサービスをご提供する事ができる点ではないでしょうか。

山蔭 保険内容においては、長期保険の契約ができる事。通常ですと事故を起こしてしまうと翌年の保険料が上がってしまいますが、通販型自動車保険の単年型と違い、保険期間中は保険料に変動がない点と、デメリット期間が単年型より短く済む点ですね。

 

岡安 また、「あんしんプラスα」が無償で自動付帯されます。これは、年に1回、ガラス補償(最大10万円、お客様負担額1万円)か、タイヤ補償(最大5万円、お客様負担額5000円。初度登録から3年以内の車両のみ)のどちらか一方が利用できるサービスです。任意保険を使用せずにガラスやタイヤの修理・交換できるので等級にも影響しません。たとえ任意保険を使用する場合でも、車両保険に免責金額がある場合は充当できます。

▲お客様の負担額はあるものの、ありがちなトラブルだけに嬉しい、あんしんプラスα(メルセデス・ベンツ日本HPより)

▲通販型では何も起こらなければ安く済むが、トータルで考えると不安も残る

──なるほど。あんしんプラスαを使用しても等級に影響がないうえに少額で修理できるのはかなり魅力的ですね! では、ディーラー型保険のデメリットはないのでしょうか?

 

岡安 やはり、ディーラーという代理店を介している分、すべてをご自身で手続きする通販型保険と比較すると保険料は高くなってしまうところです。ですが、上記のメリットで保険料の差額分以上のサービスを提供できると考えております。

──うーん、確かに安いにこしたことはないけれど、もし事故にあってしまった場合はどこに連絡すればいいのか、何の手続きが必要なのか、慌ててしまいそうです。では、いま現在ほかの自動車保険に加入していても、見直してディーラーで入り直すことは可能ですか?

 

岡安 もちろん可能です。担当セールスやサービスアドバイザーにお気軽にご相談ください!

 

──宮園輸入車販売で車両保険に加入されているお客様の反響はいかがですか?

 

岡安 先ほどのあんしんプラスαですが、近年のクルマは、フロントガラスにセンサー類が付いていることもあって、交換だけでも高額になり任意保険を使わざるを得ない場合が多いので、「あんしんプラスαのサービスを利用して自己負担額が少なく済んで良かった」や、「新車で納車されたばかりなのに釘を踏んでしまってタイヤがパンクしてしまったけど、あんしんプラスαのおかげで少額でタイヤ交換ができて助かった」などの声をうかがっています。

▲宮園社員なのではないかと思うほどよく訪問されイベントにも積極的に参加されている山蔭さん。「地域密着の良さを感じていただきたい」

山蔭 先日、ディーラーに訪問してお客様に同席いたしました。その方は法人様で、7台所有のうち1台を減車した際には等級(割引)を入れ替えることができる旨をお伝えしたところ、「今の代理店は何もアドバイスしてくれないから助かる」と。特殊な例ではありますけど、日々コミュニケーションをマメに行っている体制をお褒めいただきました。

──事故を起こさないまでもそういったトラブルも起こり得るのですね。となればメルセデス・ベンツ自動車保険プログラムなら、大きな安心もクルマに同乗させられますね! 本日はありがとうございました。

 

(兼本実花)

<プロフィール>

兼本実花(かねもと・みか)

弊社受付、業務を経てBDCに所属。クルマにはそれほど詳しくはないけれど、むしろそれを武器(?)にメルセデスをあまり知らない方や、購入権を握る奥様目線に立ってさまざまな情報を発信したいと思います。

関連記事その他の記事